4月29

神社で結婚式を挙げるのなら

Categories: 結婚情報
0 Comments

従来の結婚式は、チャペル式、披露宴も盛大に行う方が多かったです。
また、結婚式と言えばウェディングドレスが定番でしたが、最近は、和装スタイルで、日本古来の結婚式を挙げるカップルが多くなってきています。

もし、東京都内で日本古来の方式で結婚式を挙げたいのなら、浅草ウェディング「婚シェルジュ」がおすすめです。

浅草の神社で神前結婚式を行い、近くの料亭やレストランにて披露宴を行うプランとなっています。
そして、新郎新婦は神社まで人力車で出向けることが非常に魅力的です。

浅草は、東京の下町で、独特の情緒、人情があふれる街となっていました。
このような街で結婚式を挙げたいというカップルも多くなっています。

結婚式場は、浅草神社、湯島神社、神田明神など7つの神社から選べますし、披露宴は、日本料理、懐石料理、フレンチ、イタリアン、など8つの会場から選べます。
その他、屋台船でのユニークな披露宴や、東京スカイツリーを眺めるツアーも選べます。

和装ばかりではなくドレスも用意していますので、神前結婚式に興味がある方は
>>こちらを覗いてみてください。

それから、ブライダルフェアも開催していますので、ぜひ出かけてみて、スタッフに相談すると良いでしょう。

4月21

今人気の神社での結婚式にかかる費用とは

Categories: 結婚情報
0 Comments

ここ最近、若い夫婦の間でも増えてきているのが神社での結婚式です。昔ながらの伝統溢れる雰囲気の中で厳かに行われる神前式といえば、京都というイメージがあると思いますが実は全国どこにいてもこういったタイプの結婚式を挙げることは可能です。

東京でも23区内を初めてとして都内に数多くの神社がありますので、格式ある有名な場所にこだわらなければ式を挙げるのに苦労することはないでしょう。

ところで、神社で結婚式を挙げるうえで気になるのはやはり費用だと思います。一般的に結婚式場で行うのであれば大体の相場は分かる思うのですが、普段なじみのない神前式の場合はどのくらいお金がかかるのがあまり想像が付きません。そこで調べてみたのですが、ある程度知識を得ておかないと思ったよりも高くなってしまう可能性があるようです。

まず、神社に収める初穂料ですが、神社によって差はあるものの10~20万円程度が平均といったところです。そして神社で結婚式を挙げるうえで注意したいのが衣装代とカメラマン代です。神前式は白無垢をきるのですが、高額なものですからレンタルであっても費用がかさみます。カツラを付けるためのヘアメイク代も意外と高いんですよね。

また、カメラマンに写真を撮ってもらう場合、神前式では専門の知識を持ったスタッフでないと受けられない場合がありますので、その分費用が割高になるようです。

ただ、これらの費用を除けば通常の結婚式よりもかなり割安にはなるかと思いますので、工夫すれば手ごろな価格で一生の思い出になる結婚式にすることができるでしょう。